クレジットカード会社転職エージェントランキング

クレジットカード会社への転職事情

海外ではお財布にクレジットカードだけ入れて買い物をすることが一般的ですが、日本でもそういったマネーレス化は進んでします。クレジットカード会社のニーズは年々高まり、今後も市場は拡大していくでしょう。

そんなクレジットカード会社の求人は、比較的給与は高く安定性もあるため常に人気があります。転職エージェントに登録して応募のタイミングの逃さないようにしましょう。リクルートエージェント登録無料で専任のコンサルタントがサポートしてくれますよ。

クレジットカード会社に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 オススメ度数 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・クレジット業界は正社員での転職が難しい職業ですが、正社員の求人情報を多く掲載。
・登録することで、クレジット会社の非公開求人を多く見ることができます。
・クレジット業界に関する転職市場を取り扱う情報が業界トップクラス。



マイナビエージェント 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・全国の企業との接点を持ったマイナビだからこそ、豊富な求人情報を有しています。
クレジットカード会社を探すならおすすめのサイト。無料で数多くの情報を得ることができます。
非公開のものも多いため転職サポートの活用で自分にぴったりの会社を見つけることが可能。



type転職エージェント 無料 ★★★★ 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・知名度は低いが、その分1人1人に対する転職支援が手厚く充実しています。
・企業の歴史が古いためオリジナルのパイブがあり、クレジット業界の情報として独占の求人も多い。
・クレジット会社に女性でも応募できる求人を多く扱い、働く女性を応援しています。



DODAエージェントサービス 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職サービスと共に利用することで、クレジット業界への転職が有利になります。
専任のコンサルタントがサポートすることで、クレジット業界への転職を応援します。
・数多くの非公開求人の情報を有しており、一般に公開していない求人も多く見つかります。



キャリコネ 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・求人情報だけでなく、求職者に対する支援制度が充実。クレジットカード業界未経験でも転職可能。
積極的に募集を行っている企業情報が多く通過率が高いです。
未経験者に対する求人情報が満載。キャリコネと一緒に転職を成功に導こう!



クレジットカード会社に転職するには?

クレジットカード業界は、同年代の平均的な給与と比較して高めの傾向があり、人気の職業の1つです。そのため、新たに転職しようと考える人も多くいます。そんなクレジットカード会社に転職するためには、いくつかポイントがあります。

まず、最低限の基礎知識を身につけておかなくてはいけません。これはどんな職種でも当てはまりますが、転職する企業の情報は調べておきましょう。専門的なことまでは覚えなくても大丈夫ですが、基本的な業務やその仕組みについて理解しておく必要があります。業務内容としては、イシュアー業務(カードの発行、会員へのサービスなど)、アクワイアラー業務(利用できる店舗を増やす)、システム管理、セキュリティ業務、顧客サービスなどがあります。一般的に、顧客に対するサービスを行っている印象が強いですが、実は一口にクレジットカード会社といっても、これだけの業務があるのです。そのため、自分のしたい業務によっては覚えることが違いますし、転職するために行う準備やスキルも違ってきます。

また、自分が利用しているクレジットカードの信用状態が悪いと、転職できない可能性があります。個人の信用情報を会社側が採用基準のために確認することは禁止されていますが、これは勝手に確認することが禁止なだけで、面接時に自分で信用状態を確認できる書類を持参するよう求める場合もあります。金銭を取り扱う仕事となりますので、過去に延滞をしていた、または債務整理などをしたことがあるという人は採用は難しいでしょう。また、他人の信用情報を勝手に確認はできませんが、転職する会社のクレジットカードを使用して延滞している場合は、その履歴は確認されます。自社における顧客の情報ですので、もしそういった会社があった場合には応募は諦めた方が良いです。

採用試験では「電卓を持参してください」といった案内があるところもあります。金銭を取り扱うために計算は必要となるため、電卓を使った計算問題を出す会社もあります。問題内容としては小学生でも答えられるレベルのものが多いですが、それを電卓を使っていかに素早く正確にできるかがポイントとなります。合格基準は、電卓は見ずに叩けるレベルでないと、なかなか厳しいでしょう。こういった試験は全てに該当するわけではありませんが、多少なりとも電卓を素早くできる練習はしておいた方がよいでしょう。また、計算問題だけでなく、一般教養の試験もある場合があります。

クレジットカード会社の求人倍率は?

クレジットカード会社の求人倍率は低いです。過去にはアメリカでリーマンショックが起きたことによる影響で、中途採用を行わない会社も多数ありました。中には大手のクレジットカード会社も中途採用を行っていなかったのですが、近年グローバル化を図る企業が多くなり、中途採用を再開するところが増えています。そのために、転職求人倍率が上がっているのです。転職求人倍率の算出方法は、求人数(採用人数)÷転職応募者数となっています。

特に業界全体として求めている人材が、SEです。クレジットカードには銀行系や信販系、流通経といった種類がありますが、いずれの場合もポイントサービスを行っています。特定の利用でポイントが多くもらえるといったサービスなどに力を入れている企業が多く、そのシステム連携を行うために、社内SEの求人が多くあります。これからもグルーバル化していく傾向が強いですので、当分は業界全体としてSEの人材を求めているでしょう。また、クレジットカード会社が保険、さらにはリースの事業などを展開していくとった見込みもあるために、今後も需要が多くあります。

転職求人倍率の算出方法については先ほど説明しましたが、数字が低いほど転職が難しいということになります。1.0を基準に考え、その数値より大きい場合には、求職者よりも求人が多いということになります。そのため、転職しやすい状況と言えます。逆に1.0よりも低ければ、転職が難しいということです。クレジットカード会社への転職求人倍率は、現在約0.5です。例えばA社が10名採用予定の求人を出していたとすると、それに対して20名の転職希望者がいるとします。この場合の転職求人倍率が0.5となるのです。

2、3年前まではこの数値が0.2〜0.3となっていた時期もあることから、この業界への転職が難しい、さらには人気の職種であることが分かります。また、同業種からの転職者が多いのも特徴の1つです。今業界ではメガバンクによる合併が多く行われていることから、銀行系グループの会社に転職を希望する人も多く、より転職が厳しい業界となっています。ただ、入社してから3年以内に退職する人は約15%程度となっており、平均的な数字です。そのため、中途採用を積極的に行っている企業は多く、かつグローバル化に向けた企業拡大を図っているために、転職するチャンスはたくさんあります。そのため、求人情報をこまめにチェックしておくことが必要です。

クレジットカード会社の採用時期は?

リーマンショックを受けて中途採用を行っていなかった企業が多くありましたが、昨年頃から再度中途採用を再開している企業が出てきています。当時と比較すると2倍以上も求人があり、そのため、現在のクレジットカード業界は転職するのにチャンスの時期と言えます。しかし、転職するのにもしやすい時期としにくい時期というのがあります。

一番転職しにくい時期が12月〜3月にかけてです。この時期は新卒採用をする時期となるため、中途採用を行わない企業が多くあります。中には並行して中途採用を行っている企業もありますが、一般的には少ないのが現状です。この時期に転職を考えている場合には、時期をずらして転職活動することをおすすめします。ただし、専門職の求人は現在年間通して募集をしている会社が多いです。業績回復を目指してグローバル展開を行う企業が多く、そのための人材が足りない状況にあります。今後しばらくは求人が多くなることから、今が狙い目と言えます。

ただし、クレジットカード会社も含めて金融業界の求人は非公開となっていることが多く、なかなか情報を集めるのに苦労します。そのため、転職支援サービスなどを活用して情報収集し、採用時期を見定める必要があります。各企業によって採用する人数は異なりますので、いかに情報を集めて応募するかがポイントとなります。

また、5月から6月は転職しやすい時期と言えます。冬から新卒採用に力を入れていた企業ですが、5月になるとせっかく入社した人が辞めてしまう場合が多いのです。新社会人として働くことができなくなった人が出てくるため、中途採用を行うことになります。会社は予定していた人員が不足してしまうため、できるだけ早く補充したいと考えます。各企業によって採用人数は異なりますが、いち早く情報を得て応募するのが転職するための第一歩となるでしょう。

クレジットカード会社の業務は色々ありますが、顧客への対応などを行う窓口での業務は、近年派遣社員を使う傾向にあります。その理由は色々ですが、いきなり正社員として応募するのではなく、派遣社員として勤務するところからスタートするのも転職するための1つの手段です。正社員での転職よりもハードルが下がりますし、そこで実績を積んでから正社員になるといった道もあります。どちらにせよ、クレジットカード会社の採用時期は5月〜6月に多くなっており、冬の12月〜3月はなるべく避けたほうがよいでしょう。


Copyright (C) 2014 - 2018 クレジットカード会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.